窓を開放したい!!でも、ハルが…

2015-05-29 006
シルエットでも分かってしまうローソン。雲だけだと物足りなくて何か入れてしまうんですよね


まだ初夏だというのに、九州は暑い。窓を開けて網戸にしたいけど、築20年のこの建物、いくら爪の先をカットしたとは言え、劣化した網戸の網など、簡単に破かれてしまうだろう。第一、網戸は、結構簡単に外れるのだ。うーん、困った。

そうだ!100均ケージの時のように、窓枠に合わせてワイヤーラティスを組み合わせて、結束バンドで繋ぎ、両側をつっぱりポールで支えればいいのだ。そうすれば、猫の網戸体当たりを防ぐことが出来る。

肝心のワイヤーラティスだが、今回はダイソーのものを使うことにした。1枚200円と、ちと割高だが、セリアのものより太くて丈夫そうだ。
今回ワイヤーネットで防御するのは、東側の出窓だ。南側の吐き出し窓は、ワイヤーラティスで塞いでしまっては、出入りが出来なくなってしまうので、色々と困る(布団干しとか、庭の水遣りとか)。

買ってきたワイヤーネットを、結束バンドで縦横繋いでいくのだが、最大サイズの物を買ってきたとはいえ、結束部分が多少心もとない。あまり大きな面積だと、つっぱり棒が持たないと判断し、出窓の片側の窓の半分をワイヤーラティスで覆うことにした。

そして、開いている方の出窓の前に、例のダンボール製「東洋アルミにゃんこ鍋」を置いて完成~。

ハルが喜んでくれたかと言うと………喜んでくれました!!

DSCF350_s.jpg


今までポーチに出るときは、ケージに入れていて、外の景色を眺めることも出来なかったし、出窓も、吐き出し窓の下部もすりガラスで外は見えない。
それが、ネット越しとはいえ、外の景色が見られるのが興味深いようで、早速ねこ鍋に入って、外の観察をしたり、風の吹く窓辺でお昼寝をしたり。しかし出窓の前はすぐ道路。

窓辺に猫がいるというのは、結構目立つ?ようで、「あ、猫がいる」なんて、小中学生が寄ってきたり、近所のお年寄りの方々が、話しかけに来るのですよ。子供はちょっと見て「可愛いー」なんて言って、帰って行くからいいんですけど、猫好きのおじいさん、おばあさんが、窓越しに猫に話しかけたり、ちょっかい出したりするんですよねぇ。

その結果どうなるかと言うと、ハルが怒り出します(汗)。ふーっ!!とか威嚇するんですが、なにしろ相手からしたら、檻に入ってるようなもの。全然堪えません。
とうとう、怒ったハルが、ネコパンチをネット越しに繰り出すと、ハイ、網戸破れました(あーあ)。案の定、古くなって網が弱くなっていたらしく、あっという間にボロボロに。意味がないので、外しちゃいました。

近いうちに網戸の張替えDIYですねぇ。
 

   にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
 
里親日本猫子猫網戸ひっかき防止100均ダイソーDIY

Comments 0

Leave a reply